関西

2009年01月10日

こちらにいる時には必ず行っている「十日戎」。
荷造り中だからと言って行かないというのもなんだか落ち着かないので
作業を午前中でやめて行って来た。

行先は全国の戎神社の総本山、「西宮神社」。
毎年 福男目指して夜中に境内を疾走するニュースでお馴染みのところだ。

今年は3連休とあって人も多いだろうなーと思っていたが・・・
案の定、すごい人だ。

参道もこんなに。
0d3e63e6.jpg


入ってすぐの社殿の福娘さんはやっぱり可愛い。
でも福娘というと なぜか今宮戎の方が有名。
どーしてなのかなぁ。総本山はこっちなのに。
cd0d954b.jpg


本殿の参拝も人だらけ。うーん、ゆっくりは拝んでいられない。
c7f8426a.jpg


これなんだかわかりますー?
本マグロ。これにお賽銭を貼りつけるんだって。
d43c95a2.jpg


混雑回避のため、境内は一方通行。
流れに逆らわずいろんな露店を眺めながら歩いていたら…
「おばけ屋敷」もあった。
寒いと入る気がしないのか、割合と空いていたみたい。
3944ac5d.jpg


毎年必ず境内で購入するのはこちらの日本酒。
ハズによるとお水がいいせいか、意外と(失礼)美味しんだそうで。
3e41a00e.jpg


寒いし人が多いので 割合とそそくさと帰ってきてしまったけど
ああ、1年が始まったんだなーと実感。
これって関西での生活が板についたってことなのかなぁ。
(大して長くいたわけでもないのにね)

at 21:49│コメント(0)

2008年12月01日

近場スポットめぐり第2弾。

今年の夏に完成したのは知っていたのだけど
夏は暑くてねーーー。
それに飛行機、そんなに好きじゃないし、ウルサイんでしょ。
と思っていた。

でも行ってみると結構面白い。
滑走路に平行して作られているのでものすごーーく長い。
そして本当に飛行機を近くでみられるのだ。
パーク内には表示板があり、これから出発・到着する便と時間が
確認できる。

e4a5eec1.jpg

adc17dc5.jpg

cf3c7f11.jpg


自分が利用するターミナルのちょうど反対側から空港を見渡せるっていうのも
案外面白い景色だ。

で、日が暮れてからがまたいい感じなのだ。

cd948d51.jpg

9f8857e5.jpg


暗くなってくると、カメラと三脚持参の人が増えてくる。
絶好の撮影スポットなんだろうなぁ。


鉄道ファンは 鉄男とか鉄子っていうけど
飛行機ファンって 飛男と飛子?



at 18:20│コメント(0)
更新ネタがたまっていて…
うっかりしていたら今日から12月でびっくりー。

早くUpしないと年が明けちゃう!!

…ってことで。

a1b3f432.jpg


近いのに意外に行っていないところがある。
それに気づいてハズと散歩を兼ねて万博記念公園へ。
太陽の塔を実際に見たのは初めての私。
でかっ!!
やっぱり迫力ですな。

この日のお目当ては「日本庭園」。
12f88a48.jpg

紅葉もいい感じだった。
日本庭園といえばお茶室。
今だけ普段は公開していないお茶室で
お抹茶がいただけるというので(立礼だけど)もちろん行ってみる。
2db83954.jpg

万博開催時に時の首相が書いたというお茶室の看板。
「エイサク…って?吉田?」と後ろのカップルが会話している。
振り向きざまに
「それは役者やろ!! 首相だったら佐藤栄作や!!」と
言いたくて困った(笑)

04b5e9ff.jpg


6b794c71.jpg


見事な俳画。うちの母もこれくらい描けるといいのになぁ。
38542e70.jpg


1f3d816a.jpg

5545d704.jpg


fa08111a.jpg


ご存じの方も多いだろうがここの日本庭園はとても広大。
331fa61d.jpg

e80a0ffb.jpg


結構良い散歩になった。
お天気も良かったしねー。

近場にも良いところが結構あるねー。

太陽の塔の後ろ姿。なんか哀愁あるなぁ。
a563c8b6.jpg




at 17:56│コメント(0)

2008年10月18日

今年も「焼物の秋」がやってきた。(そんなのあるのか?)

備前では備前陶器まつりが、そして丹波では丹波焼陶器まつりが
同じ日程で開催されている。

昨年も行ったけど丹波焼の焼締の渋さが忘れられず今年も丹波に。
だって備前焼きはどこでも(それこそ東京でも)買えるけど
丹波焼ってそんなに売ってないと思うし。

去年「次回は行ってみたい!」と言っていたハズは運が悪いことに
この土日とも出社。(かわいそー)
土曜出勤の彼を淀屋橋まで送ったあと、そのまま車で丹波へGO!した。

2e46aa3d.jpg


主だった窯元がテントで出店している会場もあるが
何と言っても醍醐味は直接窯元を訪ね歩くことだ。
1284de2c.jpg

のどかな山間の、車が通れるか通れないかの坂を上がったところに
自宅兼工房を構えている窯元が結構多い。
あぜ道のような細い路地を通り抜けるとあちこちに秋の気配。
f513cdd6.jpg

8868a5ce.jpg

7e908155.jpg


約60軒、と言われる窯元のほとんどを見て回った。
陶器まつりに来るのは2回目だが 
それ以外にちょこちょこ気に入った窯元に来ているのでだいたいは判る。
でもウイークデーにはとても一人では入れなさそうなところでも
今日明日は大丈夫。
畑でトラクターでも運転していそうな店番のおじさんが
実は釜主さんだったりしてびっくり。
陶芸に限らず、職人さんって気難しいというイメージがあるが
皆さんとても気さくでお優しい。
そして何よりご自分の作品と丹波焼に半端でない愛情をお持ちなのが
伝わってくるのでお話するのも楽しかった。

「あー、それね、倅の作ったやつなんだよ。
まだまだ焼きが甘いからねー、値段つけて売るなんて生意気なんだよ」
そう言いながら親子で作陶するのが嬉しそうな方も。
なんか微笑ましい。
ギャラリーを持っていない窯元さんはご自宅のお庭、縁側、お座敷に
作品を並べているのでお宅にお邪魔する感じがする。
ここの陶器まつりはそういう温かさがなんかいい。

優しく揺れるコスモスに誘われて伺った窯元さん。
見るだけなのに美味しいお菓子とお抹茶を点ててくださった。
38028e6a.jpg

6f88dfd3.jpg


9:30に現地に到着して17:30くらいまで 食事するのも忘れて
歩き回ってしまった…
誰かと一緒じゃなくて良かったぁ。
(同行者がいたら絶対キレただろうなぁ、その人)

で、本日の収穫。

お米好きにはたまらない、新米ハート
e4245460.jpg

ハズへのお土産に…焼き栗
ed7d5941.jpg

丹波の黒枝豆
7786ce47.jpg

この窯元の急須は本当に美味しくお茶が入れられる。
茶こしが必要ないのもGOOD。
もう何度もリピ買いしている(プレゼント等に)
4402e963.jpg


で… 今日しつこくいろんな窯元を回った理由がこれ。
ジャーン!! 水差である。
やはりどうしても丹波焼のものが欲しくなってしまって。
重さ、大きさ、そして軽さ。いずれも気に入ったので迷いに迷って
ついに購入。

7448c749.jpg


明日で陶器まつりは終わり。
またしてもハズは出社なので…また行っちゃおうかなぁ。
だって楽しかったんだもん。

at 22:59│コメント(0)

2008年08月29日

先輩が指導していらっしゃる、中高生のいけばな展を見に、
堺東の高島屋まで行って来た。
ボランティアで指導を始めて、もう14年になるそうだ。

「みささぎ流」という、華道界では新しい流派だと思うが
出品作品は堺の代表産業である自転車の部品を組み込んだ、
斬新でみずみずしい感性のもの。
微笑ましいなーと思う作品から プロ?と思うものまで。

お忙しいのでお会いできないとあきらめていた先輩にも
お目にかかれて楽しくお話もできたし、
堺まで出かけた甲斐があったというものだ。

写真を撮ってもいい、と言っていただけたのでいくつかご紹介。
自転車のどの部分を使っているか、判るかなぁ。

08144a2b.jpg

bc9daa6a.jpg

e57e4d88.jpg

a2e02652.jpg

b1e02eff.jpg

70ef1ab1.jpg


ゆっくりいけばなを鑑賞したあとは地元の商店街で美味しいという噂の
餃子店に行く。

…が、平日は17:00からしか営業しないとのこと。
テイクアウトなら14:00からできる、というので
テイクアウトをお願いして時間をつぶしにぶらぶら歩く。

すぐ近くに堺市役所があり、最上階が展望スペースだというので
登ってみた。
仁徳天皇陵が見えるっていうし。
折角来たんだから見とかないとね、仁徳君のお墓もさ。(友達かっ!)

見えたのはこれだった。
「見える」のは嘘じゃないけど…
bb28b5d7.jpg


私が期待していたのは こっちだったんだけど。
4e80044e.jpg

(展望スペースの写真を撮ってきた悲しい
そりゃ無理ってもんか。相当上空からじゃないとね。

at 18:44│コメント(0)