あたしンち

2011年03月26日

大震災の日。

自宅に帰ると 両親が家のあちこちの収納場所を開けまくっていた。
そう、「非常用持出し袋」の捜索である。

父は町会の防災訓練にも参加しているので
ヘルメットも、防災靴も持っているはずなのに
それがない、という。
余震が続く中、二人してそれを探していたのだ。

・・・やれやれ。

かくいう私も 自分達の非常用持出しリュックは 寝室のロフト。

もちろんすぐに降ろしたものの、乾パンなんてとっくに
賞味期限が切れている。

結局父のヘルメットや防災時に着用する作業着、防災靴一式は
車庫の脇の物置にあった。
車を移動させて 扉を開けて・・・やっと見つかったという次第。

どこのお宅でも同じだったと見えて
町会の役員さんが 「うちもどっかにしまっちゃったんだよねー」などと
言っている。

懐中電灯は沢山あるものの 電池切れ。

防災用のダイナモラジオは 父が購入当初、面白がって
さんざん弄り回していたのに いざ必要なこのときには
どこに入れてしまったのか とうとう見つからず。

意識の低さを実感した我が家であるが
両親はきっと しばらくするとケロっと忘れちゃうんだろうなぁ。

昼間はハズは不在だし
こんな2人を私は守ることができるのだろうか・・・と
真剣に悩む 今日この頃である。

2011年02月22日

ちょっと可愛い後ろ姿。

CIMG7277

正面はこんな。

CIMG7276

なんと ファブリーズのカバー。

CIMG7278


・・・しかし、こんなの必要なのかなぁ。

買ってから 気づくのもなんだけどさ。


   これを見た母。
 翌日早速 ピンクのトラを購入してきていた(驚)







2011年01月12日

12月は父方の祖母の命日がある。

お墓は静岡県にあるのでそうしょっちゅう 墓参りも出来ないので
12月は 年末のあれこれの報告と お墓の掃除をしに行くのが
お決まりのイベント(?)である。

最近父が車を運転しなくなったので 墓参りに行くには
私かハズが同行しなければならない(運転手としてね)

両親としてもハズには頼みづらいのだろう、私が行くことになった。

この日は天皇誕生日。
年末が近いせいか、いつもは渋滞するはずの高速もスイスイ。
富士山も良く見えた。
CIMG7144

リニューアルされたばかりの足柄SAに立ち寄る。
こういうところの大好きな母は いつまでたってもふらふらと歩き、
結局ここで45分くらい潰してしまった・・・

毎回の行動パターンは

 墓参り → 沼津漁港にて昼食・買い物 →
 御殿場IC近くの養鶏場で 卵購入 → 
 二の岡フーズにてソーセージ等購入 → 
 立ち寄り温泉で富士山を眺めながら入浴 → 帰宅

             なのである。

墓参りに行くんだか、それ以外の方が目的なんだか・・・

墓参りもそこそに沼津港にて昼食。
今年は忙しくて温泉旅行にも連れて行っていないので
ここで奮発して 生簀の伊勢海老をお造りにしてもらった。

すごく大きくて あまりに見事だったので 私たちの隣のテーブルの
おじさんが「写真撮っていい?」と携帯で撮影していた。
自分達が食べるわけでもないのに、謎の行動だ。

CIMG7145

海老が大好きな母は「もうこれで死んでもいいわぁーー」と
大喜び。
でも「じゃあこのあと買い物はしなくていいの?」と聞くと
「するわよー!」とのこと。 死にたくないんじゃん。

港で美味しいお魚が豊富だからか、道には猫がたくさんいたよー。
この子がいちばん美猫だった。
(というか、私のタイプのねこちゃん)
CIMG7146

順調に卵を買って、年末で大混雑の二の岡フーズに寄って
温泉に入って・・・

両親は大満足だったようだ。やれやれ。

来年は少し時間を作って 温泉にでも連れて行ってあげよう。
日帰りだとこっちが疲れるもんね。


2010年11月25日

妹に パステルの極 プリンをもらった。

本当になめらかで とても美味しかった・・・のだが。

CIMG6928

食べ終わった容器をじっと見ていた父。

「これ、骨壷みたいだなぁ」

・・・確かにそうなんだよね。実は私もそう思っていたのだ。

すると母が

 「私たちの骨壷、これでいいわ。 ここに入らない分は適当に処分してもらって、
  それで これを仏壇に入れておいてくれれば お墓もいらないしー」


いやいや それはないでしょ。

    だいいち、プリンに失礼である。



2010年02月12日

家計の固定費を見直していく中で けっこうなシェアを占めていた通信費。
いい機会なので 光回線に変更することにした。
いろいろ検討したら これが一番安上がりだったのだ。

工事予定日。
どうしても仕事の都合上、外出しなくてはならず 工事業者への対応を
ハズに頼むことに。

ハズはこういったことが全くダメな人で、光回線のこともチンプンカンプン。
工事前夜、広告の裏に 簡単な図を書いて説明する。

我が家の場合、両親のTELと私たちのTELの2回線を現在使用しており、それぞれ居住スペースが異なる。
家の中にLANケーブルをはわせるのが嫌だったので
通常の工事に加えて「保安器折り返し工事」をしてもらいたいのだ。
これをすると 今使用しているTELのモジュラージャックが利用できる。

・・・もともと家の中の電話用配管のことも 回線のことも
何も判っていないハズに説明するのがひと苦労。
その上どうやら理解していない様子なので 
業者さん向けに伝言メモを作成して 外出した。

工事当日。
帰宅を急いでいると案の定、ハズから電話。
「今どこっ?」
相当あせっている様子なので とりあえず業者さんに代わってもらい
直接話をする。・・・なんてことない質問だったのに びびりまくっているハズ。(笑)

私が帰宅して間もなく工事は終了した。何の問題もなく。
工事終了後は パソコンの設定だ。

「パソコンのほうの設定は ご自分でやっていただくのですが・・・
 奥様がなさるんですよね?」と半笑いの業者さん。

えー、そうですともっ!
とりあえず 2台分の設定もして、稼動確認も終了。

その間、ぼーーーっとしているハズ。

もう少し 頑張ってくれると嬉しいんだけどなぁ。言ってもしょうがないけど。

さて、光は今のところとても順調だ。
無線LANで飛ばしても けっこう早い。快適~