2015年01月06日

もう2015年も6日過ぎちゃいましたが・・・

      あけまして おめでとうございます!!

DSCN0507

このブログ、本当に放ったままで・・・

      最後の更新が なんと 昨年2月で・・・

              いただいた年賀状にも「ブログ辞めたの?」というコメントも多く・・・


大変反省しております。ペコリ

スマホで手軽に出来ちゃうので Facebook とか Twitterとか を利用してしまい
こっちはおろそかになってました・・・。

でも考えてみたら あえて意識して Facebook Twitter ブログ  と使い分けてるんですよね。
だったらそれなりに運用しないと!

と、年が改まり、思い直しております。

で、ブログ更新を怠っていた昨年は何をしていたのか、ちょっと振り返ってみますー。

   結構 動きの多い1年でした。

1月  父が入院。胃に腫瘍が見つかりまして。
    内視鏡で取れるくらい、ちっちゃーいものだったんですが。
    ただ、病院が自宅から離れている上に 公共交通機関では面倒な場所だったので
    10日間くらいの入院でしたが なんだかバタバタしてしまいました。

4月  これまでの小学校に加え 中学校と兼務することに。
    3月末に急に決まった話で・・・
    中学は 小学校の時間割を組み始めてからいただいたお話だったので
    私の体が空いている曜日が 木・金しかなく、そのままそこが勤務日になりました。

    月・火  小学校図書   水  小学校 クラスサポーター  木・金 中学校図書

    ・・・と 気がついたらびっちり平日が埋まってしまう羽目に(涙)
    本当は 水曜日のクラスサポーター、お役ご免になると踏んでいたのですが甘かった・・・
    
    これまで 続けていたお茶のお稽古も 日曜に変更です。
    句会が 月1回 土曜日 プラス お茶 月2回 日曜日  となり
    なんだかなー な新年度。

5月  手話講座スタート。
     前々から手話には興味があり、独学で勉強していたのですが ちゃんと基礎から学ぼう、と。
     もう人生も折り返しを過ぎたので 何か人のためになることをやりたくなったんですねー。
     これまでの悪行の反動でしょうか・・・?
     毎週木曜日夜が ここで埋まりました。

6月   京都へ行ってきました。
     大好きだった狂言師の一周忌追善公演がありまして。京都でしかやらないしー。
     最近旅行してないしー・・・とかなんとか理由をつけて。
     久しぶりの京都は楽しかったです。あわただしい日程になってしまったのが残念。

7月  新たな句会に参加。
     これまで所属していた句会のメンバーからずっとお誘いを受けていて
    迷ったのですが・・・。こちらは 2ヶ月に1回の句会です。
    が、参加人数が少ないため 1回に10句ほど出さねばなりません。
    句の講評も火花散る、なかなか刺激的な句会です。

    妹が家を建て、8月に引越しが決まったので少しずつ荷造りの手伝いにも行きました。
    ・・・が「らくらくパック」を頼んだので 荷造りの必要はない、と言い張る妹。
    とんでもなく荷物(がらくた?)が多い家だというのに・・・。
    とにかく「捨てるものまで当日に判断してたら時間の無駄」なので 捨てるものの選別だけは
    させましたが・・・。

8月  いつもは週1回開ける小学校の図書室ですが 図書室隣の教室に工事が入るので
    夏休み中の開室はなし。この仕事を始めて夏休みがまるまる休めるのは初めてです。
    初旬には 抽選であたった、京都迎賓館の見学にも行ってきました。

    お盆休みのど真ん中、酷暑に妹引越し。
    らくらくパックは予想通り 1日で作業が終わりませんでした。
    業者が悪いのではなく、尋常でない荷物の多さが原因です。元住居と引越し先が近くなので
    運べるものは先に運び、荷造りはそれと平行する、という方法で夜までかかりました。
    本当に業者さんには申し訳なかったです・・・。

    翌日からは荷解きの開始です。
    「何でこんなもの、持ってきたんだろう。捨てればいいのに」というようなものが
    次々とダンボールから出てきます。(うひー)
    「あ、それ 捨てるから」「・・・じゃあ何で詰めてもらったのよっ!」という会話の繰り返し(笑)

         夏の引越しは 地獄ですっ!

9月  謡・仕舞 始める

    謡と仕舞の体験教室があったため、参加してみました。
    能狂言を見る上で理解しておきたかったのです。自分でやってみるとよくわかるし。
    体験教室、とはいうものの 当然「入会者の勧誘」が目的です。そこはわかって参加したものの
    会長のおじいちゃまが 3日に1回、お手紙を下さいます。笑
    お手紙攻撃には参ったけど会員は諸先輩ばかりでのんびりした雰囲気もよくて 入会を決めました。
    毎週土曜日が活動日とのことですが 無理ない範囲で続けていくことにします。

11月末  父入院

     今度は十二指腸に腫瘍が見つかりました。
     定期的に検査をしているので 見つかるのはいつも小さくて内視鏡で処置できるものです。
     本人は「痛くもなんともないんだから 痛くなってからでいい」と言い張り
     主治医に「痛くなってからでは 開腹が必要になって大変だよ」と説得され、入院・手術。

     十二指腸の壁は薄いので先生方も苦労されたようです。1週間ほどで退院したのですが
     幽門(胃の出口)が狭くなっているので 退院後もお粥を続けるように、とのこと。

12月  退院した父の食事の世話が母にとって大きなストレスとなっています。
      母くらいの年代は生真面目というか・・・「自分が世話をしなくては」という思いが強すぎるのです。
      今は「介護食用」のレトルトなど 便利なものが多いのですが・・・
      毎食お粥をコトコトするのが面倒でいらいらし始めたため、フードコンテナーを購入。
      生米からでもお粥が出来るし、お湯をいれるだけなのでだいぶ楽になったようです。

      一方、当事者の父もお粥の生活にストレスを感じています。
      私と同じで食べることが大好きなのに あれはだめ、これはだめ・・・。
      かわいそうだとは思うのですが 年明けに検査があるのでそれが終わるまでは・・・

      そんな状態なので おせち料理は煮物が中心。
      父が食べられない食材(しいたけ・筍・こんにゃく・はす・昆布巻・煮豆・田作り)などは
      本当に少しにして、父の前では食べないなど、とほほな感じ。


うーん・・・ けっこうバタバタしてる・・・
手話・句会・謡は自分が選択したことではあるのですが。

父は引き続き お粥生活です。お正月も。

正直、今年は両親がらみのバタバタが増えるのかもしれないな・・・とひそかに覚悟しています。
なるべく振り回されないように、自分がそれを「ストレス」と感じないようにこなしていけたらいいなぁ。



     
     






 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字