2009年05月23日

今月は立て続けに狂言などの古典芸能を見ているが
今日は文楽。

これもハズが「見てみたい!」と言い出したからだ。
関西にいる時にさんざん「見に行こうよ」と誘ったのに
そのときにはあまり興味がなかったらしい。
・・・大阪が文楽の本場なのになぁ。 専用の劇場だってあるのに。ま、いっか。

ということで これまで能・狂言・歌舞伎 で見たことのある演目のほうが
彼も判りやすいだろうと思い 今回の公演をセレクトしたというわけだ。

まずは寿式三番叟。

 台詞も謡も大夫が担当なのでとても聞きやすく、また楽しかった。
 踊りがクライマックスを迎える鈴の段では 人形遣いの息がぴったり合って
 見ごたえ十分。

次に伊勢音頭恋寝刃

 やはり人間国宝の大夫の語りはすばらしい。
 声はもちろん、大勢の登場人物の語り分けは言うことなし。
 それにあわせる人形もこれまた人間国宝。
 最後は 主人公が次々と人を切り殺すという凄惨な場面なのだが
 文楽ならではのユーモラスな演出があったりして少し救われる。

最後は 日高川入相花王

 有名な道成寺である。
 清姫の人形の愛らしいこと!!
 それだけに後半、嫉妬から形相が変わり ついには蛇になって
 日高川を渡るシーンが映える。


本当に堪能した。
楽しかったなぁー。
ハズも相当気に入ったようなので
「毎月 行く?」と聞いたら(本当は東京では 毎月公演はないけど)
「・・・そんなには いい」だって。
   なんだよーー!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字